--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
04.27

天声人語

Category: つぶやき
先日りんりんの塾で配られた「受験のために読んでおきたい本一覧表」の中に、朝日新聞「天声人語」とあった。
「新聞の一面のコラム」ではなく、朝日新聞「天声人語」を読めということだ。

各新聞でそれぞれ一面にコラムが掲載されているが、我が家でとっている毎日新聞では、「余禄」。
この「余禄」は、それなりに興味深く読んではいるが、日ごろからどうも底の浅さが気になる文章が多いような気がしていた。
初めから3分の2ほど使って、何か豆知識のようなものを披露して、最後のほうで、転じて――となるタイプの文章が多く見られる。
そういう書き方をされると、文章全体としての統一感が感じられず、どうも尻切れトンボのような印象が残る。
階下の義父母のところでは読売新聞。なんというコラム名だったか忘れた。
風刺としての内容はあるにしても、文章として見るとそれほどたいしたものではない。
昔は、朝日新聞をとっていた。
新聞を変えた理由はここでは言及しないが、朝日新聞の「天声人語」は、他の新聞の同様のコラムにくらべて社会的にも高い評価を受けているので、「天声人語」を読めなくなったのは結構惜しいと思っている。

塾のプリントを見たとき、朝日新聞ではないので「天声人語」は読めないなぁと思っていたが、ふと思いついて、ネットで検索してみた。
ありがたいことに、今や、なんでもネットで見られる時代になった。「天声人語」もちゃんとある。
これではますます新聞をとる人は減るだろうなぁ、と思いつつ、「天声人語」を久しぶりに読んだ。
「余禄」との違いが、はっきり分かる。
文章の骨格が、サンドイッチ構造になっているものが多い。
つまり、冒頭で引用した話題から、本題の社会風刺を誘導し、その後の結論で再び元の話題を有機的に絡ませて使っている。
そうすることで、単なる社会風刺文を越えたひとつの文章として、統一感が感じられ、完成度の高い文章になるのではないだろうか。

と、つらつらと、思ったことを書いてみたが、さて、本題に立ち返り、これを毎日印刷して、りんりんに読ませて要約・感想など書かせてみるか?
確かに、国語力はつくだろうが、小学6年生の子供にこんな社会批判的な文章を読ませるのもどうかなぁ、と思ってしまうところもある。
逆に言えば、小学6年生の子供に、こんな文章を読ませることを求める中学受験って、どうなんだろうか?
スポンサーサイト
Comment:0
2010
02.08

モブログ

Category: つぶやき
携帯からブログ更新ができるらしいということで、やってみました。パソコンを開ける時間はとれないので一方的に書くだけね。
Comment:1
2010
01.22

ブログ休止かも

Category: つぶやき
私は、何かを少しずつやるというのはなかなかできなくて、やるときは全力投球、やらないときは全然やらないというタイプです。
今年に入ってから、息子の進級や娘の受験で頭がいっぱいで、ピアノはレッスンがあるからなんとか練習するものの、パソコンはほったらかしの状態が続いています。
娘の受験だけだったらなんとか頑張れたと思いますが、息子の2学期の成績が非常に悪かったので、彼の勉強も見ることになり、しばらくは気持ちと時間がいっぱいいっぱいになりそうです。
4月になり、息子が無事高校2年に進級できるまで、しばらく更新をストップするかもしれません。
昨年このブログを再開したのは、もう高校生だし、そろそろ自覚も出てきたようだから、なんとか親が介入しなくても勉強するだろうと思ったからです。
でも、ダメでした。
というか、彼の中でOKなレベルが学校の要求レベルに到達していないのです。
ここで親が介入するかどうかにはいろいろな意見があると思いますが、本人も望んだのでもう一度介入することにしました。自分でも本当はどちらがいいのか悩むところがありますが。
性格はすごくいい子なんですけどね。
勉強しないんですね、これが。
とくに学校の課題を平気でほっておくのが、私にはどうしても理解できません。
また十二指腸潰瘍を再発しそうです。

とりあえず、昨日はレッスンで、「エオリアンハープ」はおしまいになってしまいました。
先生は、もうこれ以上やっても一緒だと思ったに違いありません。
もう少し練習したいという気持ちもありましたが、最近手首のガングリオンがひどくなってきていたので、良かったと言えば良かったです。
ここのところパソコンはやっていなかったので、やっぱりピアノのせい?
「エオリアンハープ」で腕が使えていないまま弾いていたのが悪かったのかもしれません。
それでなくても、やっぱり速い曲は苦手だわ。目が楽譜に追い付きません。
次は、「別れの曲」をやることにしました。
2009
12.01

いろいろあるなぁ

Category: つぶやき
ここにきて、いろいろなことが怒涛のように押し寄せてきて、ちょっとキャパをこえてしまった感が…。

風邪は一時期よくなったのに、薬を飲むのをやめたらまたぶり返してきて、今は気管支まで降りてきている状態。

子供会行事はなんとか昨日無事に終了して、ひと段落だけど、寒い体育館でミニ運動会は風邪の身にはつらかった。
来年の役員を探しておくようにという会長からのお達しが出て、困っているところ。
うちの班は人数が少ない上に、学年的にお願いできそうなところのお母さんがみんなフルタイムでお勤めで、頼みにくいなぁ。
しかも、めったに会わないのでお話をする機会もなく、非社交的な私にはすごい苦難。
でも、そんなことは言ってられないし、頑張ってなんとかしなきゃ。

お歳暮の買い出しは、用事で出かけたついでにやってこようと思ったけど、時間が押して晩御飯の時間になってしまい、全部済ませられず、結局翌日また行きなおす羽目に…。

そして、一番の問題が、りんりんの進学問題で、これがここ数日の最大の問題。
連日家族で話し合いをして、昨夜やっと結論らしきものが見えたかな。
毎日これで行こうと言いながら、翌日にはやっぱり問題点が出てきて考え直し、の繰り返しで、みんなもうくたくた。
でも、りんりんの中高生活を左右する大切なお話なので、しっかり考えなければ。

今日は、調律に来てもらう予定になっているので、この数日で散らかりきった部屋を片付けなければ…。
これを片付けるのか…と考えるだけでおぞましい部屋を眺めているところ。
しかも、明日はレッスン。
あぁ、気が遠くなりそう。

風邪がはやくすっきりしてくれないとどうも動きづらいのだけれど、ま、とりあえず、お歳暮と子供会は終わったので、今日調律をしてもらっている間に住所録をなんとかして、ひとつずつ片付けて行こう。

Comment:6
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。