--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
11.07

発表会の曲目紹介

Category: ピアノ
12月の発表会では、自分の曲の曲目紹介を書くことになっています。


メンデルスゾーン ロンド・カプリチオーソ ホ長調 Op.14

この曲は、ホ長調で4分の4拍子のゆったりとした序奏部とホ短調で8分の6拍子の軽快なロンド部から成る、とても華やかな曲です。
作曲年ははっきりせず、1824年15歳の時の作品と考えられていましたが、実際は1830年22歳の時の作品のようです。
序奏部はメンデルスゾーンらしい甘い旋律で始まり、装飾を加えながら盛り上がり消えていきます。
ロンドに入ると一転して、2匹の子猫がじゃれ合って転げまわっているような軽く歯切れのよい主題がいたる所に現れ曲の中心になります。それに挟まれるようにして朗々と晴れやかな旋律が歌われ、次第に華やかに盛り上がっていきます。
序奏部やロンドの中間部など「歌」の部分と、ロンドの歯切れのよい部分とのコントラストが際立って、魅力的な曲です。


こんな感じで行こうかと思います。
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。