--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
11.09

暗譜

Category: ピアノ
土曜日のりんりんのレッスンで。
プレインベンションでハッセの主題と変奏をおけいこ中。
りんりんはこの一週間、第4変奏しか練習していませんでした。
私は本に夢中でその時のレッスン内容をあまり聞いていなかったもので、第3変奏まではもうあがりで、次のレッスンでは第4変奏しかレッスンしないのかなと思っていたのです。
そんなことをする先生ではないのでちょっとおかしいなぁとはうすうす思っていたのですが、どうやら「第4変奏をがんばろうね。」と言われたのを、第4変奏だけでいいと勝手に解釈したみたいです。
ところが、今回のレッスンで先生は開口一番、「暗譜で弾ける?」とおっしゃったのです。
私は正直なところ、顔面蒼白でしたよ。
りんりんは「やったことないから・・・」なんて答えていましたが、「子供は大人と違って覚えようと思わなくても覚えちゃうからね。一度やってごらん。」というわけで、暗譜に初挑戦。
途中2カ所わからないところがあっただけで弾き切ってしまいました。
うらやましい・・・。

翻って、自分の暗譜。
少しずつ暗譜で弾けるところは増えては来ていますが、複雑な和音の部分や転調が激しい部分、臨時記号が多い部分、それに対位法的な部分がなかなか覚えられません。
そういうところって大切な部分が多いのに。
あと、和声的にはおかしくないけど本来の和音より音が多かったり少なかったりする和音をならしてしまった時、耳触りが悪くて&指の都合が悪くて止まってしまい、そこから先に進めないということが多いです。
覚えたと思ったところでも次の日には忘れているし、「3歩進んで2歩下がる」状態ですね。
まぁ、それでも1歩は進んでいるわけだから、少しずつ頑張ろう。
しかし、発表会まであと40日あまりだから、少なくとも1か月前にはとりあえずつっかえながらでも暗譜で通せるようにしたい。
ということは、次のレッスンは暗譜初披露?
これは大変。時間との闘いになりそうです。
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。